■第30回武蔵学園ゴルフ会 記念大会開催報告

 07年11月11日(日)東武藤が丘カントリークラブにおいて「第30回武蔵学園ゴルフ会記念大会」が104名の参加を得て開催されました。
  当日は、雨天の天気予報で心配されましたが、参加者の日頃の行いの良さ?からか、心配した雨も少なく記念大会に相応しいゴルフ会となりました。
新ペリア方式での優勝(理事長杯)は谷田惠夫氏(高校29期)、準優勝(学園長杯)は鴨下孝信氏(大学14回)、栄えある13位「ムサシ賞」(学長)は金井建造氏(大学15回)が獲得されました。

 

 畠山高校同窓会会長、日暮大学同窓会会長も参加され、夫々のご挨拶をいただき記念大会に相応しい高校・大学卒業生の「武蔵学園」の親睦会となりました。

 

  いつもご協賛いただく、東武グループ各社のほか今回はヤマト屋、ブリヂストンスポーツ、タニタ、銚子武蔵会等多くの卒業生の企業から賞品のご提供を受けました。記念大会のイベントとして高橋五月プロのレッスンと講演を実施し高橋プロからもサイン入りゴルフボール・ゴルフ帽の賞品をご提供いただきました。
 また毎回仙台から参加される大島達治氏(高校20期)持参の生牛タンは前後賞として大喜びされました。

 

  今回は、今までの「オネストジョン供出金」を資金に「記念大会記念品」として武蔵の校章を刻印した財布を参加者全員に贈呈させていただきました。
 上述のごとく記念大会には多くの賞品が殆どの参加者に授与されましたが、「参加者全員が貰える『財布』と参加賞の『キャベツの漬物(これが実に旨いのですが?!)』しか貰えなかった」と嘆く諸兄、次回の「武蔵学園ゴルフ会」に参加して豪華賞品および「栄誉」を自らの力で獲得されることを願って、「第30回武蔵学園ゴルフ会記念大会」の開催報告とさせていただきます。
 次回ゴルフ会への多くの高校・大学卒業生のご参加を期待いたしております。

(同窓会理事 21回経済 瀬尾勉)