■第21回 土曜講座 「転職(天職)さまざま」 の報告

講師 中里 融司氏 (28回生経済)

 平成18年2月18日、武蔵大学8号館7階8702教室において第21回土曜講座が開催されました。テーマは「転職(天職)さまざま」というものです。
 中里講師の生い立ちに始まり、少年時代から高校時代にいたるまで、小説、マンガ、テレビ番組、映画などから、様々な影響を受けたことが語られました。武蔵大学では、漫画研究会に所属したということです。
そして卒業後は地方銀行に就職されました。
 ところが、思いがけない病気で銀行員生活に終止符を打つこととなり、その苦悩の中で中里氏はひとつの大きな決意をされます。
 1989年、漫画家以外に自分の進むべき道を思いつかず、とあるオーディションに応募します。紆余曲折を繰り返し、現在では、『戦国仮想戦記』『太平洋仮想戦記』をはじめ、数々のライト小説、時代小説を執筆。年間14冊を著す、躍動している小説家であります。
 講演終了後の質問タイムでは、多くの方から質問が寄せられ、予定をオーバーするほどでした。中里融司氏の創作の原点は、氏を育んだ武蔵大学漫画研究会時代であったと私はそう感じました。
 中里講師の今後更なるご活躍を期待いたします。

(報告者:及川尚人 26回社会)

 

中里 融司氏
熱心な質問が多数寄せられた
懇親会風景