■第14回生涯学習 開催報告

・開催日時:平成30年2月17日(土)
・開催場所:武蔵大学8501教室
 テーマ:古代史探訪(その3)「女王卑弥呼の国は何処に」
 講師:田尻 英敏(20回経済)
 参加:31名

 三国志魏志倭人伝を文字通り読み、邪馬台国はどこにあったか探すことをテーマにした講演です。参加者は31人。田尻さんの古代史探訪の熱烈ファンの他、初めて参加なさった方もいて、以前の田尻さんの古代史講座のレジュメが欲しいと、おっしゃる方もいました。
 内藤寅次郎畿内説、白鳥庫吉九州説、古田武彦九州説、それぞれの矛盾点を、倭人伝にかかれてある内容をもとに田尻さんの熱い解説が続きます。たとえば「魏志の1万2千里とは…」倭人の日程と魏使自らの工程の差から導き出された距離ではないかと推測し、水行だったら10日、陸行だったら1か月かかるのはないか…と、いった具合に田尻説は展開していくのですが、そのようすは、まるで推理小説のページをめくるような面白さにあふれていました。
 最終的に、田尻さんが考える邪馬台国が存在していた範囲を示してくださり、古代史を読み解く講座は終了しました。古代史を紐解くには、膨大な資料をじっくり読み、疑問に思ったところを自分なりに様々な角度から推理し、仮定に基づく裏付けをしながら読み進めるという、気の遠くなる作業の繰り返しだと感じました。でも、何かに気づくと、そこには、きっと言葉では表せないような喜びがあり、ロマンがあるのだと思います。こうした古代史について考えることで、今を生きる私たちが歴史を作っているという自覚を持つことが大事であると、あらためて実感しました。

(報告者:村松真貴子 28回日文)

※画像をクリックで拡大!



・第13回 生涯学習講座 開催報告
・第12回 生涯学習講座 開催報告
・第11回 生涯学習講座 開催報告
・第10回 生涯学習講座 開催報告
・第8回 生涯学習講座 開催報告
・第7回 生涯学習講座 開催報告
・第6回 生涯学習講座 開催報告
・第5回 生涯学習講座 開催報告
・第4回 生涯学習講座 開催報告
・第3回 生涯学習講座 開催報告
・第2回 生涯学習講座 開催報告
・第1回 生涯学習講座 開催報告  アンケート結果