■ハンドボール部・創部40周年記念式典 開催報告

・開催日時:平成25年11月9日(土)
・開催場所:記念OB戦 武蔵大学体育館 14:00〜16:00
        記念式典 練馬区桜台 中華レストラン「茶平」
・参加人数:記念OB戦 OB38名 現役34名 計72名
        記念式典 OB71名 現役34名  計105名

 ハンドボール部は、愛好会として産声をあげてから40年が経過しました。そこで今回、創部40周年を記念し、記念OB戦ならびに記念式典を開催しました。

 ◆「白熱激戦!」のOB戦
 当日は、記念OB戦から多くのOBが訪れ、現顧問の土屋直樹先生のみならず、前顧問であり、先に武蔵大学を定年退職された瀬田勝哉先生にもご参加頂く中、それぞれが久しぶりのゲームを、それぞれの体力に応じて楽しみました。OB戦の最後は「現役生 VS OB選抜」として、まだまだ動きの俊敏な若手OBの選抜チームが現役生に胸を貸す(?)形式の15分一本勝負が行われ、白熱した試合展開の結果、現役生が1点差で勝利して終わりました。その他にも、年代別のOBチーム同士の対戦や、現役生と現役生の紅白戦など、観戦しているだけでも十分に楽しめる、バラエティに富んだ試合が組まれました。

 ◆「温故知新?」のキャンパスツアー
 OB戦のあとは、武蔵大学同窓会常任理事(体育連合会担当)/白雉体育会幹事長 小倉宇思様(30回スキー部)のガイドにより、久しぶりに大学を訪れたOBに「今」の武蔵を体感してもらう“キャンパスツアー”を開催しました。ツアーは、学生時代の名残を残す施設も眺める一方で、自分たちが学生として通っていた頃にはなかった施設や設備などもガイドして貰う、といった形がとられ、それぞれが、武蔵の今昔を噛みしめながら学内散策を楽しみました

 ◆「原点回帰。」の記念式典
 その後、式典は桜台の「茶平」に場所を移して開催されました。17時より開かれた式典には、記念OB戦には参加できなかったOBも数多く訪れ、さらには武蔵大学同窓会副会長/白雉体育会会長 藤本紀之様(13回ラグビー部)、武蔵大学同窓会常任理事(体育連合会担当)/白雉体育会幹事長 小倉宇思様(30回スキー部)にもご参加頂き、100名を超える規模で、盛大に執り行われました。
 また、会場入口には、創部以降40年の歴史を写真で紹介する「屏風」が用意され、出席者が食い入るように写真を眺め、昔話に花を咲かせる、当時を懐かしむ、といった姿も見られました。
 式典の中では、現役生の紹介や、各年代のOB紹介などが行われ、特に創世記のOBの方のひと言ひと言は、改めて40年の歴史の重みを感じさせてくれるものでした。また、式典の終盤には実行委員会提案として、長きに亘ってハンドボール部を率いてくださった瀬田勝哉先生を「終身名誉顧問」とすることが、満場一致の拍手を以て決議され、その後、役員改選で選任された齊藤幸司新OB会長の音頭による、全員での武蔵大学讃歌斉唱で締めくくられました。
 多くのOBが参加し交流を深めた今回を良い機会として、現役生の活動の支援強化やOB会組織の強化に繋げていこう、という意思確認がなされた式典となりました。

(報告者:山岸真人、42回経済)


白熱のOB戦


式典風景 茶平にて開催


式典 瀬田先生と土屋先生


式典風景 ハンド部の歴史


式典風景 現役生と瀬田先生


式典風景 武蔵大学讃歌斉唱


式典風景 瀬田先生を囲んで

●平成24年開催 ハンドボール部OB会 開催報告