開催日時:平成17年7月23日
開催場所:総会 大講堂
       懇親会 学生ホール
参加人数:35名

 真夏の気温真っ盛りの中、総会が開催された。菅野会長が身体上の理由により会長職退任が承認され、これまで会長代理を務めていた藤本紀之氏(13回経営・ラグビー部)が会長に就任した。また、あわせて副会長として秋山俊介氏(16回経済・硬式野球部)、幹事として新原晃氏(16回経営・柔道部)の就任もあわせて承認された。
 懇親会では、やはりどこのOB・OG会も深刻な部員不足問題に話は及んだ。特に今年度から、個人情報保護法の関係で新入生のクラブ活動状況の調査が大学側の意向で打ち切られた。しかしながら各OB会の役員からは、大学側の措置によってその公開は十分に可能なはず、とし学生部の支援体制の見直しを強く要望した。
 また、藤本会長から各部現役部員との一体化、活性化を推進する意味から、「体育連合会本部」との強い連携体制の確立が提示された。この対策として白雉体育会幹事長で大学内で体育連合会本部顧問でもある小倉宇思氏(30回経営・スキー部)に全員一致で強い要請がなされた。

 

(報告者:小倉宇思、30回経営)

 

●白雉体育会について