■2015(平成27)年度白雉体育会 総会及び懇親会 開催報告

・開催日時:平成27年11月21日(土) 15:00〜18:30
        ◆OBOG会長会議・総会 14:30〜
        ◆懇親会 17:00分〜
・開催場所:(総会) 大学3号館3212教室
      (懇親会)大学8号館 50周年記念ホール
・参加人数:74名

 11月21日、大学3号館3212教室において、平成27年度白雉体育会総会が開催されました。

【OBOG会 会長会議】

 まずは白雉体育会総会に先立ち、各部のOBOG会長会議を開催する意義について、藤本白雉体育会会長からご挨拶をいただきました。重要議題として朝霞グラウンドのクラブハウス立て替えに言及され、老朽化した施設を使っている学生達の苦衷を汲んでいただきき、大学側が非常に早いタイミングで実現に向けたアクションを起こしてくれたことに対し、立て替えにあたっては白雉体育会としても寄付金等の協力をしっかりと進めていく必要があるということでお話がありました。

 その後、学園から元木隆史専務理事にご出席いただき、同じく朝霞グラウンドのクラブハウス立て替えに関してお話をいただきました。既に施工業者も決定し、来年1月の着工ということで着々とプロジェクトが進んでいるとのこと。総建設費の6億7千万の内、1億円を大学同窓会にご負担いただきたいとのお願いがあり、今回のプロジェクトに関して、大きなメリットを享受する大学体育会に率先してご対応いただければありがたいとのことでした。

 最後に出席されている各部のOBOG会長から、順次ご挨拶をいただき、会長会議は終了。

【白雉体育会総会】

 平成27年度 武蔵大学白雉体育会総会の開会にあたり、藤本会長から挨拶があり、改めて朝霞のクラブハウス立て替えに関して、白雉体育会全体でバックアップしたいとのことでお話がありました。
 引き続き藤本会長から、今年度の白雉体育会としての活動報告と、次年度活動計画についてお話がありました。その中で、長年の懸案となっていた朝霞のテニスコートのリニューアル工事について、来年度以降の着工が視界に入ってきているとの報告がありました。
 その後、第66回四大学運動競技大会の結果について、白雉体育会の小倉幹事長から報告があり、硬式野球部、柔道部、水泳部、バドミントン部男子、バレーボール部男女、陸上ホッケー男女の8種目が優勝したが、その他の部を含め、全体の底上げが必要との認識が示されました。
 その後、白雉体育会加村幹事長補佐より、役員変更についての報告があり、小倉幹事長の退任と、新たに伊藤正晴さん(陸上競技部事務局長)の幹事就任が発表され、伊藤さんからご挨拶がありました。

 その後の質疑応答で、下記の意見が交わされた。

  1. 今回、一身上の都合で幹事長を退任される小倉幹事長の後任について
    →現在調整中で、決定次第改めて発表(藤本会長)
  2. 新しい朝霞クラブハウスの詳細(図面、設備等)について確認したい
    →詳細については不明な所があるので、大学側に要望したい(藤本会長)
  3. 朝霞クラブハウスの具体的な建設計画に関する要求をもっとOBOG会から出すべき
  4. 朝霞クラブハウスを含め、各種要望については現役の意見を重視する大学の姿勢があることから、学生側と連携を図り、しっかり要望を出すべき
  5. 朝霞クラブハウスの対応を含め、白雉体育会からの意見を伝える窓口を大学側に整えてもらいたい
    →現状決まった窓口がある訳ではなく、案件毎に別々の担当と話をしなければならない状況になっているが、白雉体育会全体として改善を図るように申し入れをしたい(藤本会長)
  6. 大学側から各部への資金的援助をもっと厚くしてもらえるように要望を出すべき
    →白雉体育会として要望をしたことはないこと、現状80万円を上限として支給されている課外活動支援金について改善を要望していく(藤本会長)
    →支援金は基本的に存在せず、それに変わる仕組みとして学友会費があるが、これについては学生大会で学生達が話し合って決める仕組みになっている
    →大学との折衝にあたっては、各部の顧問の力を借りて進めていくべき
  7. 学生が使う朝霞クラブハウスに何故大学が全額お金を払わないのか?
    →大学内にも一部の学生しか使わない施設にお金をかけ過ぎているという意見もあり、現状での全額負担は難しい状況(藤本会長)

 

【懇親会】

 その後、場所を50周年ホールに移して懇親会が賑やかに開催されました。アメリカンフットボール部顧問である武蔵大学 川島教授にご挨拶を賜り、各部のOBOG会関係者が顔を揃え、賑やかに懇談していただきました。会の後半では、新たな体育連合会幹部の紹介があり、現役学生からは次年度も現役とOBOGと協同で体育会強化に邁進するとの力強い表明がありました。

 懇親会恒例の武蔵大学讃歌及びエールでは、応援団およびリーダー部が溌剌とした姿を披露してくれました。最後に、樋口白雉体育会副会長(空手道部/16回)から武蔵愛とウィットに富んだご挨拶をいただき閉会となりました。

 

(報告者:白雉体育会幹事 石渡圭輔(H.10卒46回・男子ラクロス部))

 

 

●2014(平成26)年度白雉体育会 総会・基調講演及び懇親会 開催報告
●2013(平成25)年度白雉体育会 総会・基調講演及び懇親会 開催報告
●2012(平成24)年度 白雉体育会総会・創設30周年記念祝賀会 開催報告
●平成23年2月開催 白雉体育会総会・神尾正俊先生武蔵大学退任記念
パーティー開催報告

●平成23年2月開催 白雉体育会総会報告
●平成22年7月開催 白雉体育会 朝霞グラウンド人工芝完成祝賀会
●平成21年開催 白雉体育会総会報告
●平成18年開催 白雉体育会総会報告
●平成17年開催 白雉体育会総会報告
●白雉体育会について