■硬式野球部春季キャンプ

・開催日時:平成27年2月15日(日)〜24日(月)
・開催場所:宮崎県都城市 都城運動公園野球場

 硬式野球部では初めての春季キャンプを宮崎県都城市で実施しました。今の大学野球界では2月から3月にかけて硬式、準硬式、軟式を問わず全国から九州の沖縄、鹿児島、宮崎、大分に出向いて春キャンプを行っています。武蔵が加盟する首都リーグでも加盟15校のうち武蔵以外の14校が春キャンプ・遠征を行っています。今年は指導者が帯同できることと、都城市からの熱心なお誘いもあり、武蔵で初めての春キャンプが実現しました。
 キャンプの目的はチーム力向上、個々の技術力向上のほかに地域での交流、社会生活で必要な団体生活の規律を学ぶこと等があります。遠方に出向いて武蔵大学の評判を落とすようなことがあってはなりません。
 キャンプでの練習は順調に進み、8日間のうち雨で球場が使えなかったのは1日だけでした。鹿児島県の第一工業大学とのオープン戦を行い、プロ野球のキャンプ見学等、普段ではできない取組みもできました。最終日の移動では桜島観光も楽しみ、充実したキャンプができたと思います。
 今回は都城泉ヶ丘高校から用具、備品等で多大なる協力をいただきました。地方からの入部者が増えれば、全国での武蔵大学の知名度上昇効果が期待できるため、硬式野球部の部員募集は関東以外の高校に着目しています。今回のキャンプで都城泉ヶ丘高校と協力関係が築けたことはその成果の一つと考えています。
 今回は都城市在住の同窓の先輩である宮脇克広様と谷山弘明様が宿舎まで激励にお越しくださいました。また差入れもいただき、都城市出身の坂元丞様からも差入れをいただきました。都城市商工会からの合宿情報で応援をいただき、大変ありがたいことと感謝しております。また、OBで社会人野球の伯和ビクトリーズでプレーした西萩野氏(58回経済)が練習の手伝いに来てくれました。
 初めての春季キャンプでは野球以外でも多くの成果がありました。部員はキャンプには意欲的で今後も継続したいのですが、今後も指導者が帯同できるかは不確定です。高い費用をかけての取り組みです。指導者不在では練習の質、他大学や企業とのオープン戦のスケジューリング等で難しい課題があります。しかし、他大学では当たり前の取り組みが武蔵では出来ないというわけにもいかず、今後の春キャンプについては悩ましいところです。
 最後にキャンプでご支援をいただいた同窓の先輩方に、改めて厚く御礼申し上げます。

宮崎県合宿情報:
http://www.kanko-miyazaki.jp/sports/camp/amateur-baseball.html

(報告者:硬式野球部 総務広報 赤塚 和人、39回経済)


*左:谷山様、右:宮脇様



*キャンプ練習開始

●首都大学野球連盟創立50周年記念祝賀会 開催報告
●硬式野球部納会 開催報告
●硬式野球部 残念1部復帰ならず
●平成26年硬式野球部OB会 開催報告
●平成26年硬式野球部春季2部リーグ戦 結果報告
●硬式野球部OB会 開催報告
●平成25年硬式野球部秋季2部リーグ戦 結果報告
●平成25年 硬式野球部2部(B組)残念ながら最下位
●2013年3月 硬式野球部 朝霞グラウンド屋内野球練習場見学会
●2012年11月 硬式野球部 秋季リーグ戦2部で2位
●2011年11月 首都大学秋季一部リーグ戦
●2011年9月 硬式野球部OB会主催「現役激励会」
●2011年 春季一部リーグ戦
●2010年12月 祝賀会・納会
●2010年 秋季リーグ戦
●2010年 春季リーグ戦
●2009年 秋季リーグ戦
●2009年 春季リーグ戦
●2008年 秋季リーグ戦
●2008年 春季リーグ戦
●2007年 秋季リーグ戦