■第3回美術部OB・OG展示会

・開催日時:平成22年8月29日(日)〜9月4日(土)
・開催場所:1号館1ラウンジ

武蔵大学美術部第3回OBOG展を終えて

2010年夏。
日本列島は記録的な猛暑に見舞われました。
その猛暑の8月末、私たちは武蔵大学1号館のホールで2年ぶりに第3回美術部OBOG展を開催しました。

水彩、油彩、水墨などで描かれた生物、人物、風景。そして立体に写真。それにサッカーボール3つ分ほどもある冬瓜まで様々な作品が集まりました。みんなが思い思いに作り出した作品の爽やかさは、屋外の熱波を吹き飛ばすのに充分なものでした。
出品者は総勢42名。出品総数は58点。内訳はOBOG24名38点、現役部員が18名20点でした。今回は9月にも学外で展覧会を行なった現役部員の参加が数多くあり、大変賑やかで充実したOBOG展になりました。

展覧会初日には、OBOG展懇親会を行ないました。 昭和の忘れ形見のような江古田の割烹「お志ど里」の2階が宴の会場でした。昔のままの座敷での大宴会は、往年の宴会芸が炸裂し、厭が上にも盛り上がりを見せました。
こうして学生時代を懐かしく語り、それぞれの今を作品で表現し合い、まだまだ夢の広がる未来に思いを馳せた第3回OBOG展は、一週間の会期を無事に終え幕を閉じました。

展覧会を振り返ってみて、実行委員はもちろんのこと、様々な年代の人たちが準備や飾り付けに協力してくれたことが心に残っています。中でも現役の美術部員のみなさんが一所懸命に力を貸してくれ、とても有難かったです。過去2回もそうでしたが、父母のような私たちに快く歩み寄ってくれた現役の人たちに今回も大いに助けられました。 そして彼女たちもまた、この展覧会を一緒に楽しんでくれたことがOBの一人として嬉しく励みになりました。同様に同窓会事務局にも大変お世話になりました。みなさんに心から感謝いたします。

さて、つぎのOBOG展は2年後の予定です。
今度はどんな会場で開催できるのか楽しみです。作品展を通じて大学の先輩後輩と集える機会、OBとして母校と関わることのできる機会、これからもこの絆を大切にして拡げて行きたいと考えています。

(報告者:武蔵大学美術部OBOG展 実行委員長 高橋 昌也 24回経済)

美術部OBOG展

美術部OBOG展

●平成20年 美術部OB・OG展 開催報告
●平成18年 美術部OB・OG展 開催報告