■7回生同期会

・開催日時:平成20年11月15日(土)
・開催場所:武蔵倶楽部
・参加人数:10名

 年1回開かれている同期会であるが、過去には小竹向原の小料理店「樽見」で行ったことも何回かあり、また、熱海「後楽園」での一泊旅行の同期会もあったが、ここ数年は大学構内の「武蔵倶楽部」で毎年秋に開催しており、今年も例年通り元気な顔が揃い楽しいひと時を過ごした。
 昨年から、集まってお互いの近況報告や健康管理の紹介、或いは昔の思い出話に花を咲かせるだけでなく、毎回誰か一人が講師になって30分程食事の前に肩の張らない話をしてもらうと云うことになり、第一回の昨年は浅岡 勤君に『株式投資のアラカルト』を話してもらったが、今年は土屋 淳君に現在の仕事に関係のある『意外に知られざる南米チリー』について話をしてもらい、帰りにお土産としてチリー産の果物を原料としたジャムの瓶詰めを出席者一同一瓶づつ頂いた。
 今年は都合が悪い人が何人も居て出席者は10名と例年に比べて最小の出席者であったが、それでも皆元気に大学の生協にセットをお願いしたビュフェ料理と幹事が用意した飲み物で予定の3時間が“アッ”と云う間に過ぎてしまった。
 田邉貞夫代表幹事から、返信用はがきに書かれている欠席者の近況報告披露があり、何人かは健康に不安を抱えていると報告、また昨年の三浦裕康君に続いて今年は 福田久君の訃報が報告され全員で彼のご冥福をお祈りしたが、一方、朗報として現在徳島県在住の川浦正夫君が永年に亘り徳島県宅地建物取引業協会会長として地元不動産業の発展に寄与された功績により秋の叙勲『旭日双光章』を授与されたと云う嬉しい報告があった。
 今年は10名の出席者に止まったが来年は『ホームカミングの年』であり、多分今年より数倍の人達に会えるだろうと今から楽しみにしている。

(報告者: 山田 泰利 7回経済)

 

7回生同期会

●平成19年開催 7回生同期会
●平成18年開催 7回生同期会
●平成17年開催 7回生同期会