■古橋先生を囲む会(第6回) 開催報告

・開催日時:平成26年11月15日(土)15:00〜17:00
・開催場所:3211教室
・参加人数:11名

 今回は、高校教師である長山さん(43回生)による「リアルとは何か?」というテーマでの発表。ご自身もハマっている謎解きイベントや、世界の人々が熱狂する「リアル脱出ゲーム」の話を通して、「ゲーム世代」における「リアルさ」を分析。さらに、修学旅行で舞妓さん体験ツアーの人気なこと等、安易に「体験」に偏重していく教育現場の風潮や、「ゲーム世代」の生徒に「リアルさ」を伝えきれない従来の教育手法のもどかしさを、仕事目線で捉えていたのが印象的であった。示唆に富む内容に刺激されて、活発な意見交換がなされ、終了予定時刻を過ぎてもなお議論が止むことはなかった。
 本会もいよいよ3年目。これからも「生活に根ざすリアリティのある話」を継続していく。次回は5月16日(土)午後3時からを予定しています。皆さんのご参加をお待ちしています。

(報告者:深瀬 祐二、40回日文)

 

 


 

●平成26年9月 古橋先生を囲む会 開催報告
●平成26年5月 古橋先生を囲む会 開催報告
●平成25年12月 古橋先生を囲む会 開催報告
●平成25年9月 古橋先生を囲む会 開催報告
●平成25年6月 古橋先生を囲む会 開催報告