■金融業界武蔵会

・開催日時:平成18年10月13日(金)
・開催場所:銀座東武ホテル 桜の間
・参加人数:

 昨年の「マスコミ・広告業界武蔵会」に引続き、平成18年10月13日(金)銀座東武ホテル「桜の間」において、大学のキャリア支援課の協力も得て「金融武蔵会」が開催されました。
 武蔵大学は経済学部カレッジから出発した伝統に、人文・社会両学部の力も加わり、現在では3,000名を超える卒業生を金融業界に送り出しています。
 第一部の「現役学生への先輩からの就職活動アドバイス」では三名の先輩から就職活動の体験談、人事部門経験からの助言等「熱い生の話」が三年生を中心とした三十数名の現役学生に語り掛けられました。何れの先輩も「自己分析の大切さ」を強調されていました。
 第二部「先生・学生・業界同窓生の懇親会」では日暮道生同窓会新会長、平林和幸学長、金融武蔵会代表発起人の窪田和孝氏の挨拶を始として、教授・業界同窓生・学生約90名の参加者の交流と熱気で閉会予定時間を20分も超過する結果となりました。この懇親会でも、現役学生が自分の志望する業種の先輩方に熱心に質問し教えを請う姿が印象的でした。
 今回は首都圏在住の同窓生に限定して本会のご案内を差し上げたことから「金融武蔵会があるのを知っていたら…」と考えられる皆様にはお詫び申し上げます。また、異なった業種の会を今後も企画・開催して参ります。ご期待ください。

(報告者: 瀬尾 勉、21回経済、同窓会理事)

 

 

熱心に耳を傾ける現役学生
「現役学生への先輩からの就職活動アドバイス」
懇親会
懇親会
先輩のアドバイスを直に聞くチャンス