■建設・不動産業武蔵会 開催報告

・開催日時:平成24年10月16日(火)
・開催場所:コートヤードマリオット銀座東武ホテル
・参加人数:106名(OB48名、学生43名、大学関係者6名、同窓会9名)

 第8回目となる業種別武蔵会、今回の主役は建設・不動産業界に身を置くOBの皆さん。学長、経済学部長にもご参加頂き、盛大な会となりました。
 第一部では学生に向けてのセミナー・パネルディスカッションを、大成建設の西山智敦氏(39回経営)、千代田化工建設の齋藤憲和氏(41回経営)、SBIホールディングスの有坂壮功氏(44回金融)の御三方にお願いし、それぞれ業界の魅力や仕事のやりがい、そして就活のポイント等を熱く語って頂きました。まだ志望の固まらない学生にとっても「目に鱗」のセミナーとなったようで、終盤の質問コーナーではマイクを奪い合う場面も見られ、予定時間を超える展開となりました。意外にも千数百名のOBが活躍する建設・不動産業界、新しい仲間を迎えるに充分な布陣であることを再認識しつつ、多くの学生が扉を叩くことを期待したいものです。
 第二部の懇親会には、業種別武蔵会始まって以来の沢山のOBが参加、セミナーに出席した学生も加わり、総勢100名を超える熱気溢れる会と相成りました。談合だ何だと揶揄され、同業者同士では集まりにくい業界だけに、卒業以来の再会あり、ライバル企業関係者との出会いありと、名刺交換にも笑顔が溢れる和やかな雰囲気に包まれました。
 一方、当初緊張していた学生の面々も積極的にOBにアプローチ、質問攻めに合うOBの姿も方々で見られました。同業だけでなくもっと幅広い業種のOBとの会も企画してほしいという声もあり、別途、異業種交流会的な同窓会の開催も今後視野に入れていきたいと思いますが、先ずは今回の懇親会をきっかけにできた新たな関係を活かし、更に武蔵の絆を深めていくことができたら、と思います。
 今回生まれた建設・不動産業という武蔵の輪、その輪を更に大きく拡げて行く為に、次なる一手を打っていこうと思います。

(報告者:広瀬 壮二郎、28回経営)


建設・不動産業武蔵会

建設・不動産業武蔵会

建設・不動産業武蔵会

建設・不動産業武蔵会