■白雉教育会 総会

・開催日時: 平成19年11月3日(土) 15:00〜16:30
・開催場所: 武蔵大学教授棟01-B室

                  白雉教育会の再建にあたって
 平成5年1月に本会が発足し3〜4年間は会員の研修などの活動をしておりましたが、運営を担当する役員が繁忙をきわめ、しばらくの間活動を休止しておりました。しかし、改めて発足当時の会員や大学関係者の皆様から活動再開の要望があり、また、今年2月に教職課程の黒澤英典教授のご支援もいただき、会員有志で活動再開の準備を進めてまいりました。この度の白雉教育会の活動再開に当たりましては、初代会長 樅山祐三氏をはじめ現学長 平林和幸氏ほか大学関係者並びに同窓会事務局の皆様には、特段のご厚情並びにご支援をいただきました。心から感謝申し上げます。お陰様で本会の休眠状態も解け、新たな組織体制で活動を進める環境が整いました。
 今後は、会員の皆様と共に、本会が、母校の発展並びに大学関係者や教職を目指す大学生にとって、また、会員皆様にとって有意義な研究・支援団体となるように、新役員が一致協力して活動の充実を努めてまいりたいと思います。
 ところで、昨年12月に教育基本法が改正され、教育改革が進められている中、教育現場では、いじめの問題や不登校生徒などへの指導を要する課題が顕在化する一方、学力や体力の低下などへの対応が学校教育に強く求められ、新たな学習指導要領が告示される運びです。他方、教員免許更新制度の実施に伴い大学側の教職課程の充実も喫緊の課題となっております。
 このような中で、教育現場で日々奮闘されている多くの同士が白雉教育会に集い、互いに研修・研鑚を積むことは大変有意義なことです。今回の総会に集まった方々や会員になられた方々は、それぞれに「大学のために何か力になりたい。」「教職を目指す大学生に現場の経験を生かして支援していきたい。」「互いに教職に携わっている者同志が学び合える機会をつくりたい。」という熱い思いを持っております。この思いを大学関係者と会員の皆様のご協力を得て、今後の活動に具体的に反映させてまいりたいと思いますのでご指導・ご支援を宜しくお願い致します。

◇◇白雉教育会の主旨◇◇
・大学関係者や校種を越えた会員相互の研修交流を通して、互いの資質の向上に資する。
・会員の親睦を図り相互のネットワークを広げると共に、教職課程など母校の発展に資する。
(報告者:保積芳美、21回経済)