■職域白雉会 発足会 開催報告

・開催日時:平成28年12月5日(月)18:30〜21:15
・開催場所:コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
・参加人数:43名

 “記念すべき”「武蔵大学 職域白雉会 発足会」が師走の銀座で開催された。
 発足のきっかけは2年前の12月に遡る。根津育英会 武蔵学園の元木専務理事と当時大学キャリアセンターの鈴木事務部長が、わざわざ私の会社まで訪ねてこられ「武蔵大学で白雉会を作りたい。協力してもらえないだろうか?」とご相談頂いたのがきっかけである。元木専務理事は武蔵高校から慶応大学に進まれ長年に渡り「慶応三田会」に携わってこられた方である。
 その後、「三田会」を参考にしつつ“武蔵らしい”「白雉会」を作るべく、同窓会「職域・業種部会」の“重要施策”として準備を進めて来た。
 「白雉会」の “基本方針”は「“卒業生”と“在校生”が、より母校に“愛と誇り”を持てるように、“卒業生同志の交流”“在校生との交流”“就職支援”を推進する」と定めた。
“武蔵らしい” 「面倒見の良い・結束力のある会」を目指したい。
 発足会には「各企業の白雉会幹事」だけでなく、学園・大学からも専務理事、学長・キャリア支援センターの方にもご出席頂き、“学園・大学・同窓会がひとつ”となり「白雉会」の発足を祝った。
 元木専務理事からは「のちにこの12月5日は“歴史的な日”になるだろう」とのお言葉も頂いた。各企業の白雉会幹事の方から「白雉会」に対する“想い”も伺うことが出来た。
発足会参加は22社であったが、赤ちゃんのように「小さく生んで大きく育てていきたい」
 今後共、皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い致します。

(報告者:倉地達也、26回経済)