■留学生フィールドトリップ in 山梨県 参加報告


  平成20年11月28日(金)から30日(日)まで平成20年度の武蔵大学同窓会協賛、留学生フィールドトリップで山梨に行って参りました。
留学生(12名)、キャンパスメイト(日本人学生17名)計29名、引率として国際センター事務長の増田正彦氏が参加。同窓会からは、木村副会長、岩野理事、植村理事、白鳥理事、及川が参加しました。 28日(金)はバスで石和のホテルまで、無事ホテル到着。
 29日(土)は朝から山梨支部の山下会長、戸田事務局長、末木幹事長代理がバスに同乗、一日お付き合いいただきました。

留学生フィールドトリップ in 山梨県

 印傳屋さんの博物館見学、ショッピング。そしてミレーが待つ山梨県立美術館で絵画、彫刻などを鑑賞。恵林寺信玄館で、山梨名物の「ほうとう鍋」のランチを戴きました。
 山梨支部の山下会長のご案内で、この近所に「おもしろいものがある。」とのことでそちらに徒歩で移動。そこには、オレンジ色のカーテンがありました。その正体は、無数の干し柿がつるしてある光景でした。あんなにたくさんの柿がつるしてある光景は生まれてはじめてみました。感動ものでした。(岩波農園の干し柿)

留学生フィールドトリップ in 山梨県 その足で恵林寺見学、武田信玄のお墓も見学。そして、バスで移動、万力公園の根津嘉一郎翁の銅像の前で記念撮影(全員)そしてリニューアルされた、根津記念館へ。いろいろな展示を見るにつけ、根津嘉一郎氏の偉大さに感服するばかりでした。和室では、お琴の演奏の体験コーナーがあり、お師匠さんの指導のもと、留学生、日本学生数名が「さくら」を演奏、なかなか上手でした。
 根津記念館をあとにして、ホテルにもどり、槇先輩、三澤幹事長が19時からの懇親会に合流、賑やかな懇親会となりました。山梨支部の諸先輩、本当に有難うございました。

 いよいよ最終日。ホテルを出発、丸藤葡萄酒工業のエ場見学。大村社長さんから丁寧な解説があり、ワインのこと、ワインの醸造過程のこと、酒樽のこと、とても勉強になりました。そしてお楽しみの試飲タイム、白ワイン、赤ワイン、ロゼとみんなおいしくいただきました。ここでも大村社長を囲んで記念撮影(全員)。ぶどうの丘に移動、そこでランチタイム。
 おいしい空気をすいながらのランチは格別でした。山梨での全行程を終了。一路江古田へ、14時30分キャンパス到着。事故もなく全員無事に帰還いたしまた。 留学生との交流もできて、とても楽しく、有意義なフィールドトリップでした。

(報告者:及川 尚人、26回社会、武蔵大学同窓会 理事/ 準会員部会)