■斎藤 忠三さん(1回経済)

「武蔵大学讃歌」誕生のルーツを探る。
「武蔵大学讃歌」との運命的な出会い。

「武蔵大学讃歌」には、誰も知らないまぼろしの歌詞が存在していた?!

 武蔵大学OBなら誰でも記憶に残っている「武蔵大学讃歌」。皆様はご存知でしょうか?新入生歓迎会で初めて耳にし、その後は納会で、コンパで、卒業式で、同期会で、そして留学生も一緒に歌う、「朝霧深き 武蔵野の かすむ木立の翠くして・・・武蔵〜武蔵〜おお武蔵」の「武蔵大学讃歌」の作詞者を。その方のお名前は、向山名誉教授を「向山君」と呼ぶ、1回生の斎藤忠三さんです。
  雨の降りしきる5月、斎藤忠三さんのお住まいのある成城でお話をお伺い致しました。斎藤さんは、1929年(昭和4年)6月12日生まれの78歳。旧制静岡高校を卒業して、故鈴木武雄学部長をはじめ教授陣の充実した、武蔵大学経済学部3年へと編入されました。静岡高校時代は映画研究会に所属し、NHK静岡局の映画批評番組をご担当されていたそうです。武蔵大学在学中は、「映画演劇研究会」に所属され、1ヶ月に最多36本もの映画を観たこともあるそうです。当時の映画の話題になると、一段と目が輝いていらっしゃいました。