• 馬場 隆弘さん(40欧米)

    彼は大学に入って武蔵大学管弦楽団に入りそこで初めてチェロを手にしました。 それを生涯の仕事とさだめて卒業後東京藝術大学にすすみプロの演奏家として活躍しています。

    幼いころからレッスンを受けていないと演奏家にはなれないというクラシック界の常識を打ち破り、自らの道を切り開いている逸材です。

    所属する東京交響楽団での活動はもちろん、今回のような自主的な演奏活動のほか、昨年から「オフィスちぇんぼりー」という室内楽の普及を目指した組織を主宰し、積極的な活動を展開しています。

    「オフィスちぇんぼりー」の活動については
    こちらを→http://www.shitsunaigaku.com/chamboree/index.htm
    ご参照いただければと思います。

    永江享子(40日文)

    <プロフィール>
    三重県出身。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業。
    在学中、フランスの芸術と思想を研究し、同時に小澤豊、林良一両氏にチェロを習う。卒業後、東京芸術大学において花崎薫、三木敬之氏に師事。これまでに、ペーター・オクセンホーファー、マルク・グロウウェルス両氏に室内楽を習う。現在、東京交響団チェロ奏者。